保健福祉学部TOPイメージ

保健福祉学部

保健福祉学部棟

ニュース・お知らせ

みんなが健康で、豊かな社会をつくるために。人ができることを、追求したい。

人々の健康と福祉に役立つプロをめざして。

学生イメージ

地域社会の人々の、健康と福祉の増進に積極的に貢献できること。人を支援する心をもち、豊かな人間性にあふれていること。保健福祉学部が目指すのは、このような人材の育成です。

看護・栄養・保健福祉の3学科で、それぞれに多彩な実習を盛り込んだカリキュラムを設定。基本的知識や技術をしっかり修得することはもちろん、科学的な思考や分析に基づいた問題の探求・解決能力、将来にわたる応用力、変化に対応できる力を培います。

また、高い倫理観やコミュニケーション能力の育成にも力を注いでいます。

看護学科 人間の生命を尊重し、全人的ケアのできる看護のプロへ。

栄養学科 食と健康の専門家へ。その活躍フィールドは大きく拡がっている。

保健福祉学科 人々の健康と幸福の実現をめざして福祉の理論の実践を学ぶ。

保健福祉学部長あいさつ

グローカルに貢献できる専門性と幅広い見識を兼ね備えた看護・栄養・福祉・保育のプロフェッショナルを養成

保健福祉学部は看護学科,栄養学科,保健福祉学科の3つの学科から構成されています。

医療福祉社会に携わる人材には担当職種の専門性はもとより,他の専門職への深い理解と緊密な連携が必要です。全ての学科で共通教育により社会で必要とされる知識と能力,豊かな人間性を育み,専門教育として基礎から専門までの体系的な講義科目と豊富な実験・演習・実習科目を各学科に設けて,専門知識と技術を総合的に修得できるようなカリキュラムを編成しています。

さらに,チーム医療や医療・福祉の連携,家庭・施設・地域の協働による子育て支援などの取り組みにも対応し,学科を横断した科目や各専門職の選択科目の履修も可能にしています。

卒業研究では,科学的な思考と分析に基づいた課題発見・自己解決能力を身に付けます。

本学部では,各学科と連携して地域の人々の健康維持と増進に積極的に貢献できる保健,医療,福祉に関する広範な知識・技術,高い倫理観と豊かな人間性,グローバル化社会に柔軟に対応できる力とコミュニケーション能力を有する人材の養成を目指しています。

保健福祉学部長 伊東 秀之

保健福祉学部長
伊東 秀之