岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

栄養学科
Department of Nutritional Science

研究室紹介

食品生化学研究室

  • 研究室イメージ

教員紹介

氏名・職位
川上 祐生KAWAKAMI, Yuki准教授
専門分野
食品機能化学、生化学、分子生物学
所属学会など
日本栄養・食糧学会、日本農芸化学会、日本生化学会、日本脂質生化学会、日本油化学会、日本過酸化脂質・抗酸化物質学会、おかやまバイオアクティブ研究会

主な研究テーマ

  • 脂質メディエーター合成酵素のはたらきに影響する食品の探索研究
  • 食品による疾病の予防・改善を目指した研究

研究室のホームページ

一般の方へ

こんな研究を
しています

食品には、からだを作るはたらき(栄養)や、おいしさに関わるはたらき(嗜好)のほかに、からだの調子を整えるはたらき(生体調節)があります。この生体調節のはたらきを利用して、病気の発症を抑えたり、生活の向上につなげたりすることを目指して研究を進めています。

私たちの研究室では、まず病気の原因となる分子のはたらきを調節する食品を探しています。また、食品のどのような成分が病気の原因分子に影響を与えるかについて明らかにし、病気を予防・改善するかを調べています。

研究者の方へ

研究の概要

私たちの研究室では、食品がもつ生体調節機能と脂質メディエーターに注目して研究を行っています。

アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から種々の脂質メディエーターが作られ、生体機能に関わるだけでなく、様々な病態において重要な役割を果たしています。これらの脂質メディエーターを合成する酵素のはたらきに対する食品素材の影響について研究を進めています。

また、生活習慣病などの病気による体内の変化を生化学的に捉え、その発症や進行のしくみを明らかにするとともに、疾病の予防や改善ができるような食品や食品成分の探索を進めています。

食品素材を活用し、ヒトの健康の維持や生活の向上に貢献したいと考えています。

ページTOP