教員紹介

氏名 井上 里加子 INOUE, Rikako
職位 助教
E-Mail rinoue●fhw.oka-pu.ac.jp
研究室番号 6218

専門分野 臨床栄養学,公衆栄養学,応用栄養学
担当科目 臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ,給食運営実習,総合演習Ⅰ・Ⅱ,栄養学実習
主な研究業績
  1. Recipe clustering based on Japanese Food Guide Spinnig Top,Yasuhiro TAJIMA, Genichiro KIKUI, Rikako INOUE et al. Proceedings of the 21st International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications PDPTA'15, pp.304--309, July 2015.
  2. アデレイドでの多文化保健福祉研修報告,井上里加子,久保田恵,阿部淳二,二宮一枝,名越恵美,谷口敏代,原野かおり,岡山県立大学保健福祉学部紀要,第22号,pp13-26,2015
  3. 地域連携協働事業の教育効果と地域貢献事業としての評価,久保田 恵 , 井上 里加子 , 石井 裕 , 佐藤 洋一郎 , 横田 一正 , 岡野 智博 , 備前市役所食の人財プロジェクト,岡山県立大学保健福祉学部紀要,第22号,pp195-203,2015
  4. Japanese Recipe Pairing by Naïve Bayes Estimation with Names of Ingredients,Yasuhiro TAJIMA, Genichiro KIKUI, Rikako INOUE et al.,Proceedings of the 11th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, pp.497--498, Dec. 2014.
  5. マウス行動分析によるL-オルニチン長期投与の効果について,曽我部 咲・鈴木 真奈美・佐伯 綾希子・井上 里加子・林 泰資,岡山実験動物研究会報 第30号,pp35-38,2014
  6. 各種女性特有の疾患に対する薬膳の効能・効果の評価ならびにウコンを用いた薬膳からの主成分の確認,大西 孝司・逸見 眞理子・井上 里加子・高澤 卓子・林 宏一・畑田 昌輝・山崎 仁・野口 衛,ノートルダム清心女子大学紀要第38巻第1号, p46-61,2014
  7. 人間ドッグ受診者を対象とした生活習慣調査―特定保健指導結果の有効的な活用について―,大西 孝司・逸見 眞理子・井上 里加子・髙澤 卓子・林 宏一,ノートルダム清心女子大学紀要第38巻第1号, p30-45,2014
  8. コーヒー揮発成分はペントバルビタール睡眠を延長させる,曽我部咲、鈴木真奈美、井上里加子、高原光恵、田中淳一、林泰資,医学と生物学、財団法人緒方医学科学研究所、第157巻 第6号、pp.814-817,2013
  9. 企業検診受診者を対象とした生活習慣調査について-食習慣と生活習慣ならびに各種臨床データとの関連性-,高澤卓子、大西孝司、逸見眞理子、井上里加子、林宏一,ノートルダム清心女子大学紀要、第37巻 第1号、pp.98-107,2013
  10. 女性特有の疾患および癌に対する薬膳の効能・効果の評価ならびに桂皮を用いた薬膳からの主成分の確認,大西孝司、逸見眞理子、井上里加子、村上沙緒莉、高澤卓子、林宏一、野口衛,ノートルダム清心女子大学紀要、第36巻 第1号、pp.27-42,2013
  11. いわゆる「健康食品」に対する意識調査(Ⅱ)-大学生における調査結果について-,大西孝司、逸見眞理子、井上里加子、村上沙緒莉、林宏一、岡田茂,ノートルダム清心女子大学紀要、第35巻 第1号、pp.13-35,2011
  12. Co-synthesis of Human d-Aminolevulinate Dehydratase (ALAD) Mutants with the Wild-type in Cell-free System ---Critical Importance of Conformation on Enzyme Activity---,Rikako Inoue、 Reiko Akagi,Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition、vol.43(3)、pp.143-153,2008
  13. ヘム合成系酵素欠損症における分子異常と発症との関連性,赤木玲子, 井上里加子,日薬理誌, 130, 266-269,2007
  14. δ-Aminolevulinate dehydratase (ALAD) porphyria: The first case in North America with two novel ALAD mutations.,Reiko Akagi, Noriko Kato, Rikako Inoue, Karl E. Anderson, Eileen K. Jaffe and Shigeru Sassa,Mol. Genet. Metab., 87 (4), 329-336,2006
  15. Dual gene defects involveing delta-aminolaevulinate dehydratase and coproporphyrinogen oxidase in a porphyria patient.,Reiko Akagi, Rikako Inoue, Shikibu Muranaka, Tsuyoshi Tahara, Shigeru Taketani, Karl E. Anderson, John D. Phillips and Shigeru Sassa,Br. J. Haematol., 132 (2), 237-243.,2005
  16. Characteristics of heme biosynthesis in the liver of the senescence-accelerated mouse.,R Akagi, T Koga, R Shimizu, Rikako Hanafusa, A Utsumi, S Watanabe and M Mori.,International Congress Series., 1260,433-436,2004
  17. スウェーデン福祉研修,花房里加子,藍野学院紀要第17巻, pp.65-71,2003
  18. Combined defects of both Coproporphyrinogen oxidase and δ-Aminolevulinate dehydratase in two unrelated patients who clinically presented coproporphyria,Shikibu Muranaka, Rikako Hanafusa, Reiko Akagi, Masao Kondo, Misako Kaido, Karl E. Anderson and Shigeru Sassa,Porphyrins 2000 : 9(3,4), 270-274,2000

ウインドウを閉じる