栄養学科TOPイメージ

栄養学科

保健福祉学部棟

ニュース・お知らせ

食と健康の専門家へ。その活躍フィールドは大きく広がっている。
「医食同源」といわれるように、人の健康と食は密接に関連しています。栄養学科は、人の体のしくみを理解したうえで、食品の科学、調理法から衛生管理、栄養教育までの広い知識・技術を身につけ、健康づくり・疾病の予防、治療などに応用できる人材の育成をめざしています。
そのため、食と健康の相互関係を科学する「生命科学としての栄養学」に主眼を置き、「食物を摂取する人」を中心に据えたカリキュラムを編成し、食品学、栄養学、生命科学を3本柱とする関連科目を体系的に学んでいきます。
たとえば、1・2年次では生命科学の理論と栄養学の基礎を身につけ、3・4年次でそれを応用する実践能力を養うことができるよう設定してあります。このように一連のカリキュラムにしたがって学んでいくことにより、栄養科学の基礎から応用まで高度な学力を養い、栄養と食の現場における問題発見、提議、解決能力を培っていきます。
卒業後は、管理栄養士として人々の健康づくりに貢献できます。また、食品の安全性が脅かされている今、食品衛生分野で正しい知識と最先端の技術をもつ人材への期待が高まっています。そのため、食品衛生管理者や食品衛生監視員の任用資格を活用できる職場で活躍している卒業生も増えてきています。
さらに、平成19年度からは栄養教諭教育課程も設置され、将来の活躍のフィールドは大きく広がっています。
白衣の男女



学科長あいさつ

管理栄養士は人びとの健康の維持増進や生活習慣病予防のため食の支援や栄養教育を行います。有効な支援の提供には、人体の構造、疾病やその治療法に関する広範な専門知識が必要です。複雑化・高度化する社会で自立し、キャリアアップするには、グローバルの視点や豊かなコミュニケーション能力をもち、課題の自己解決や情報発信する能力も重要です。また地域活動や最先端の研究を積極的に行うことで,問題提起および自己解決能力、他者と協働して広い視野で課題に取り組む力を養います。わたしたち栄養学科教員は、このような資質を兼ね備えた先導的な管理栄養士の育成を目指しています。

栄養学科は発足して20年以上たちます。本学科から巣立った卒業生は岡山県内のみならず全国各地の医療,行政,福祉,教育機関,民間企業や地域社会など様々な分野で今なお活躍しています。今後も社会に貢献できる「食と健康のプロフェッショナル」を数多く輩出することが本学科の使命と考えています。

栄養学科長 川上 貴代

アドミッションポリシー

現代社会における便利な生活と豊富な食糧の供給は、生活習慣病の増加や食の安全性への不安といった、人の健康に関する様々な問題を引き起こしています。これに伴って、人の健康を支えるべき栄養学の教育研究の方向性もより広範囲で、かつ高度に専門化されてきています。

本学科では、ライフサイエンスを統一的に学修し、日々進歩する栄養学を人の健康の維持・増進、病気の予防・治癒に活かすことのできる人材を育成するために、遺伝子レベルから人間栄養学的なものまで幅広く教育研究を行っています。このような専門教育を受けるために、高校では化学や生物などの自然科学の基礎をしっかり学習していることを望みます。

それと同時に専門職としての管理栄養士には、豊かなコミュニケーション能力と倫理観あふれた人間性が要求されますので、高校生活の中でこれらの素養を磨くことが必要です。

したがって、本学科では求める学生像を次のとおり定めています。

  • 自然科学に関心を持ち、食物と人の健康との関係について科学的に理解・探求しようとする学生
  • 栄養学分野の研究に取り組み、これを発展させて社会に還元しようとする意欲のある学生
  • 様々な人とコミュニケーションができ、真摯な態度と思いやりの気持ちを持って人と向き合える学生