岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

大学院保健福祉学研究科
Graduate School of Health and Welfare Science

大学院 ニュース・お知らせ

保健福祉科学専攻

2019年度 博士学位論文公聴会を行いました。

2020年2月5日(水)に博士学位論文公聴会を開催し、栄養学大講座からは1名が下記題目で発表しました。

“Functional ingredients derived from natural products targeting pro-inflammatory lipid mediator synthetic pathway(炎症誘導性脂質メディエーター合成系を標的とした天然物由来機能性成分)”
(指導教員:山本登志子先生)

またその成果は、主業績として、雑誌Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryに
Toda, K., Ueyama, M., Tanaka, S., Tsukayama, I., Mega, T., Konoike, Y., Tamenobu, A., Bastian, F., Akai, I., Ito, H., Kawakami, Y., Takahashi, Y., Suzuki-Yamamoto, T. (2020) Ellagitannins from Punica granatum leaves suppress microsomal prostaglandin E synthase-1 expression and induce lung cancer cells to undergo apoptosis, 84(4):757-763.
として掲載されます。

  • 博士学位論文公聴会

前のページに戻る

ページTOP