栄養学専攻[博士前期課程]TOPイメージ

栄養学専攻[博士前期課程]

保健福祉学部棟

講座紹介

講座名 概要
栄養情報学講座 生体内に取り込まれた栄養素の代謝は巧妙かつ精密に調節されており、時間とともにダイナミックに変化しています。シミュレーション技術などを用いてこの変化を数理的に表現しようとする手法は、複雑な代謝調節機構のダイナミックスを正確に表現するために有用であり、病態の解明・診断・治療・予防に有用な情報を与えるのみならず、栄養成分の作用、また薬剤の作用や副作用の予測、創薬の推進に貢献することが期待できます。本講座では、数理的アプローチを用いた栄養学と情報学の融合的解析手法を用いて、生理・生化学的代謝調節機構や病態の解明、スポーツバイオメカニクスと栄養との関連、また栄養や加齢がエネルギ一代謝に与える影響、さらに寿命延長と栄養との関わりなどについて究明し、新しい栄養学の展開を目指した教育・研究を行うことにより、栄養学の最先端の分野で活躍できる人材を育成します。
食デザイン学講座 食生活を食文化やデザインの視点からとらえて、それらが人々の健康増進に与える影響や効果についての調査・研究を行います。食生活や食育において、食文化の継承や、介護や生活習慣病予防などを目的とした調理指導や栄養指導を学ぶとともに、デザインや色彩と栄養学・食行動・嗜好性との関連を解明していきます。また、高齢者、身障者、妊婦、幼児、子供などが誰でも区別なく利用できるユニバーサルデザインに配慮した食生活や食育を目指し、教材における図解の視覚効果などを学びます。本講座では、管理栄養士としてあるいは食品学などの分野での学びに基づいて、栄養学とデザイン学を融合させることによって、大学院修了後は、食デザイン学の分野のリーダーとして活躍する人材を育成します。
基礎栄養学講座 栄養、すなわち食品の摂取から始まる一連の生命現象を遺伝子、生体分子、個体、集団などのレベルごとに理解し、さらに未知なる理論を展開して発展させるカを養うための教育・研究を行います。本講座では、生化学、分子生物学、並びに細胞生物学分野の最先端技術を用いることにより、脂質代謝やタンパク質の代謝により生成される生理活性物質について新規の生理機能を発見し、炎症性疾患、動脈硬化症、老化による脳機能低下などとの関連性を解明していきます。また、得られた成果をアレルギー症状の軽減や、癌や認知症を含む生活習慣病における栄養管理に活かすための、マネジメントツールの開発を含めた応用研究も行っています。このような教育・研究を行うことにより、栄養学の基礎と臨床を結ぶことができる指導的立場の管理栄養士、並びに栄養学分野の教育・研究機関にて活躍できる研究者の育成を目指します。
食品栄養学講座 近年、特定保健用食品などの機能性食品に関する法律の制定や食中毒をはじめとする食の安全性に関する社会的問題など、食品の安全性確保と有効性の情報について消費者や生産者の関心が高まっています。このような社会的背景から、栄養学を基盤とした天然物化学、酵素化学、分子遺伝学的アプローチにより、新規機能性食品成分の発見や新たな機能性食品素材の開拓、さらに食中毒の原因解明や予防に基づく食品の安全性の評価方法を開発し、健康増進と疾病予防を目標とした安全かつ高機能を有する食品素材の探求を志向した教育・研究を行います。本講座では、機能性食品の研究開発に携わる栄養学関連分野の高度な専門知識と技能を併せ持ち、豊かな創造力と問題解決能力を兼ね備えた管理栄養士のエキスパートとして食品関連企業、教育研究機関や行政機関において先導的に活躍できる人材の育成を目指します。

教員・講座の研究内容

平成27年度予定

講座 担当教員 研究又は講義内容 担当授業科目
栄養情報学講座 入江 康至[教授]
  1. 新規癌抑制因子Amidaの機能解析
  2. 蛋白質ニトロ化修飾の調節機構
  3. 伸展培養刺激モデルを利用した慢性腎疾患CKDモデルの研究
  4. fMRIを用いた甘味料の脳内活性化部位の研究
  • 内科学特論
山下 広美[教授]
  1. シミュレーション手法を用いたエネルギ一代謝動態の解析法に関する研究
  2. 栄養や加齢が脂質代謝・エネルギー代謝に与える影響
  3. 寿命延長と栄養に関する研究
  • スポーツ栄養工学特論
  • 代謝情報解析学特論
  • 食品栄養情報学特論
  • 栄養情報学特別研究
市川 正美[准教授]
  1. 生体情報に関するシグナル処理とそのモデル化及びシミュレーション手法について概説する。
  • 代謝情報解析学特論
*方 定志[教授]
  1. 1.The nutritional status and dietary pattern in China, The trends of diet-related diseases in China, Gene-nutrient interactions and their associations with diseases, and Dietary intakes among Chinese and Japanese.
  2. The investigations of the interactions in subjects from the disaster area of Wenchuan earthquake of posttraumatic stress disorder (PTSD), the BDNF genetic variations (Va166Met) and clinical factors.
  • 栄養遺伝子解析学特論
*加藤 久典[教授]
  1. 栄養や食品成分による遺伝子発現や情報伝達の制御
  2. 様々な網羅約分子解析を用いた食品の機能性・安全性の研究
  • ニュートリゲノミクス学特論
食デザイン学講座 岸本 妙子[教授]
  1. 食品資源の地産地消と食文化に関する研究
  2. 資源植物の開発と利用に関する研究
  3. 食文化の継承と消費者意識との関連について
  • 食文化学特論
  • 食文化学特論演習
  • 食デザイン学特別研究
新田 陽子[准教授]
  1. アミノ酸脱炭酸酵素とその生成物に関する研究
  2. 食品多糖類の調理科学的研究
  3. デザインと食行動・嗜好性との関係解明
  • 調理色彩学特論
  • 調理色彩学特論演習
  • 食デザイン学特別研究
山下 明美[教授]
  1. デザインや色彩と栄養学・食行動・嗜好性に関する研究
  2. 食育教材における図解の視覚効果に関する研究
  • 調理色彩学特論
  • 調理色彩学特論演習
  • 食デザイン学特別研究
*尹 基泓[教授]
  1. Korean traditional foods including fermented soybean pastes, soy sauce, red pepper soy paste and kimchi are introduced with focus on raw materials, fermentation procedure, fermentative microorganisms, nutraceutical functions, industries and culture of them.
  2. The investigations on development for industrial microorganisms and enzymes.
  • 韓国食文化学特論
基礎栄養学講座 高橋 吉孝[教授]
  1. アラキドン酸の代謝酵素に関する研究
  2. エイコサノイドの病態との関連に関する研究
  • 病態栄養学特論I
  • 基礎栄養学特別研究
川上 貴代[教授]
  1. 肝疾患と脂質栄養に関する研究
  2. 栄養・健康教育における栄養評価指標の開発に関する研究
  • 栄養教育学特論
  • 基礎栄養学特別研究
  • 保健福祉学特論Ⅱ
久保田 恵[教授]
  1. 骨粗鬆症の遺伝素因と環境因子に関する研究
  2. ライフステージ別の給食の特性を活かした食育に関する研究
  • 健康栄養学特論
  • 基礎栄養学特別研究
  • 保健福祉学特論Ⅰ
山本 登志子[教授]
  1. 慢性炎症予防を目指した脂質メディエーター合成系を標的とする食品機能性に関する研究
  2. 恒常性維持と病態に関与する脂質メディエーター合成系酵素の分子組織化学的研究
  • 分子組織化学特論
  • 基礎栄養学特別研究
*川上 祐子
[連携大学院教授]
  1. 炎症性腸疾患の栄養管理に関する研究
  2. 各種疾病における病態栄養学的諸問題の発見と解決の方法論を講義する。
  • 病態栄養学特論Ⅱ
  • 病態栄養学特論Ⅱ演習
*森脇 晃義
[連携大学院教授]
  1. エネルギーバランスに関与する神経性,液性調節機構についての細胞生理学的研究
  2. 体液の浸透圧調節に関する細胞生理学的研究
  • 栄養生理学特論
*後藤 弘爾
[連携大学院教授]
  1. 植物の花成(開花)制御の分子遺伝学的研究
  2. 花や果実の器官形成の発生遺伝学的研究
  3. 遺伝学の基礎及び植物の発生遺伝学について、最近の研究トピックに触れながら講義する。
  • 生命工学特論
*畑中 唯史
[連携大学院教授]
  1. 身近な酵素:放線菌由来酵素の開発並びに基礎的なタンパク質工学について紹介する。
  • 生命工学特論
*鳴坂 義弘
[連携大学院教授]
  1. 植物の感染防御機構と病害防除への利用:動物と異なり動いて逃げることができない植物が病原体の攻撃からどのようにして身を守っているのかを紹介し、植物の力を利用した病害防除法開発の試みについて講義する。
  • 生命工学特論
*小川 健一
[連携大学院教授]
  1. 研究:植物(藻類を含む)の生産性を飛躍的に高める研究・技術開発
    ・光合成能力の向上のための基盤研究
    ・産業化のためのバイオマテリアル生産系プラットフォーム構築
    ・土地生産性を最大化させる管理技術(衛星技術等)に関する研究
  2. 講義:カーボンニュートラルなバイオマテリアルの製造プラットフォーム構築に向けた取り組みについて
  • 生命工学特論
*小田 賢司
[連携大学院准教授]
  1. 植物の遺伝子組換え技術の解説
  2. 組換え技術を活用した植物有用遺伝子探索研究
  • 生命工学特論
*向原 隆文
[連携大学院准教授]
  1. 微生物の多様なタンパク質分泌機構と病原性
  • 生命工学特論
*逸見 健司
[連携大学院准教授]
  1. 植物におけるレドックス制御の役割:活性酸素とグルタチオンの生理機能を通して植物の生命を支えるレドックス制御機構の役割について紹介する。
  • 生命工学特論
*西川 正信
[連携大学院准教授]
  1. レドックス制御を通じて藻類による物質生産を向上させる革新的技術
  • 生命工学特論
食品栄養学講座 伊東 秀之[教授]
  1. 食品素材に含まれる機能性成分の単離及び化学構造研究
  2. 機能性食品成分の分析法の開発
  3. 機能性ポリフェノール成分の生体利用性に関する研究
  • 食品機能学特論
  • 食品機能学特論演習
  • 食品栄養学特別研究
  • 保健福祉学特論Ⅰ
田中 晃一[准教授]
  1. 酵母のストレス耐性機構の解析およびストレス耐性化酵母の産業への応用
  2. 健康と美容に役立つ醗酵代謝産物のスクリーニング
  • 応用微生物学特論
  • 応用微生物学特論演習
  • 食品栄養学特別研究
  • 保健福祉学特論Ⅲ
*岡部 昭延
[連携大学院教授]
  1. 食品に混入する微生物の有害作用について
  2. 微生物による環境汚染の浄化、健康増進などの有益な作用についての基礎ならびに応用研究
  • 食品微生物学特論I
*三宅 剛史
[連携大学院教授]
  1. 醸造食品の製造とこれに関わる微生物
  2. 清酒製造関連の研究開発
  • 食品微生物学特論II
中島 伸佳[准教授]
  1. 糖転移酵素反応の食品機能への応用
  2. タンパク質分解酵素の食品資源科学的研究
  3. 食品資源における酵素機能の利用
  • 食品酵素学特論
  • 食品酵素学特論演習
  • 食品栄養学特別研究
川上 祐生[准教授]
  1. 食品成分の作用機構と生活習慣病への応用に向けた研究
  2. アラキドン酸カスケードに関する分子生物学的研究
  • 食品生化学特論
  • 食品栄養学特別研究
田淵 真愉美[准教授]
  1. 特定給食施設における食材料管理と生産・品質管理の向上に関する研究
  2. 非アルコール性脂肪性肝疾患の栄養療法に関する研究
  • 給食経営管理特論

(注)1.担当教員欄中*印は非常勤講師です。 2.非常勤講師の研究又は講義の内容欄は講義内容を記載しています。 3.授業科目及び担当教員は一部変更する場合があります。