栄養学専攻[博士前期課程]TOPイメージ

栄養学専攻[博士前期課程]

保健福祉学部棟

栄養学専攻の概要[博士前期課程]

近年急速に問題となってきた肥満、糖尿病、脂質異常症をはじめとする生活習慣病の予防と治療を目指し、地域や職場における疫学調査や食生活との関連の解析、機能性食品の分析・開発を行います。

また、分子生物学的手法を導入した分子栄養学の方法論の確立、さらに情報解析技術を活用したデータ解析法と新しい理論構築を課題としています。

また新しい分野として、幼児、児童・生徒、高齢者の栄養指導や調理指導、あるいは一般消費者の食生活全般を対象にした食育において、デザインや色彩の手法を取り入れて効果を得るための調査・研究を行います。

本専攻では栄養情報学講座、食デザイン学講座、基礎栄養学講座、食品栄養学講座の4講座で、これらの課題を中心にしてそれぞれの専門分野における教育・研究を行います。
顕微鏡を除く女性学生


アドミッションポリシー

栄養学専攻では、分子生物学などの生命科学の手法や、栄養学と情報学の融合的解析手法を用いて、食品の機能解析、食品の生理学的影響、現代の食生活における食に伴う疾病の予防と治療について教育研究すること、また、食生活を食文化やデザインの視点からとらえて教育研究することを目標としています。
すなわち、栄養情報学講座では、シミュレーション技術を用いた数理的解析法により代謝調節機能を解明し、疾病の予防や治療に活用します。
食デザイン学講座では、食文化の継承とともに、デザインや色彩と栄養学・食行動・嗜好性との関連を解明し、健康増進に役立てます。
また、基礎栄養学講座では、食と健康を取り巻く諸問題を、生化学、分子・細胞生物学、疫学的方法を用いて解明していきます。
食品栄養学講座では、食品の機能性成分の解析と生理作用を解明して、特殊機能付加食品の開発に携わる高度な専門理論と技術を研究します。
いずれの講座においても、地域において活動するとともに、海外の学術交流協定校との学術交流を積極的に行うことにより、国際的な視野を持った人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻が求める学生像は次のとおりです。

●栄養学関連の教育施設で教育・研究に携わることを目指す学生
●医療機関や保健福祉施設で治療栄養に携わる専門的管理栄養士を目指す学生
●栄養研究機関や医療栄養関連企業の栄養研究部門で試験・研究に携わることを目指す学生
●自治体などの保健施設で地域栄養活動に携わり、栄養指導などのコーディネータを目指す学生