保健福祉学専攻[博士前期課程]TOPイメージ

保健福祉学専攻[博士前期課程]

保健福祉学部棟

保健福祉学専攻の概要[博士前期課程]


21世紀の超高齢社会では、人間のライフサイクルを通じて疾病、障害の有無に関わらず、身体的、精神的、社会的に健康で豊かな生活を維持し、生活の質を向上させるための社会システムの設計原理と方法論が求められます。
保健福祉学専攻では、健康を基軸とした真の生涯福祉のあり方について研究を推進していきます。
そのために、下記3つの領域を指向する講座をおき、それぞれの専門性の追求と相互連携によって教育・研究を行います。

No.1 保健福祉領域における、保健・福祉・医療の連携・統合の理論化と保健福祉支援政策の構築、及び障害特性を考慮した社会適応理論の追求
No.2 児童、障害者、高齢者のウェルビーイングを達成するための臨床技術、ケアマネジメントの開発・理論化と具体的な実践方法の追求
No.3 児童、高齢者、障害者など多様な人々の適応行動に関わる心理的・身体的特性の科学的な分析を基礎にした保健福祉実践につながる理論・方法論の追求
パソコンでデータを取る男性



専攻長あいさつ

保健福祉学専攻は、1997年の誕生以来、保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、保健福祉に関連した臨床現場や施策機関での諸問題を解決できる、優れた専門性を備えた人材の育成を目指してきました。

修了生は、本大学院の博士後期課程への進学をはじめ、大学教員、研究所所員に就任するなど、保健福祉領域の発展に大いに貢献しています。

保健福祉学専攻は、「政策科学講座」「社会福祉支援科学講座」「保健福祉支援科学講座」の3講座から構成され、入学希望者の多面的なニーズを満たすだけでなく、仕事を持つ社会人の方など、保健福祉学科の卒業生以外にも幅広く学生を受け入れています。私たちは、入学される皆さんが、本専攻の伝統を受け継ぎ、所属する幅広い分野の専門家の指導でもって「最先端の研究手法」を学び、大きな研究成果をあげることを強く願っています。

保健福祉学専攻長 近藤 理恵

アドミッションポリシー

保健福祉学専攻は、保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、保健福祉に関連した臨床や政策の諸問題を解決できる優れた専門性を備えた人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻が求める学生像は以下のとおりです。

  • 「やさしさ」、「思いやり」、「人間性」といった豊かな社会性と科学性を備え、保健福祉領域でのリーダーとして活躍したい学生
  • 保健福祉領域における専門職として明確な目的意識を持ち、高度な知識や技術及び理論性を基礎にして、科学的方法によって問題の解決に当たりたい学生
  • 高い挑戦意欲を持って、保健福祉領域の未開拓の領域の研究に情熱を燃やすことができる学生
  • グローバルな視点での保健福祉実践・研究に興味を持ち、国際貢献を果たしたい学生

修了生からの一言

■平成25年度修了生(現在、障害者支援施設勤務)
私は「就労移行支援事業における支援関係の構造とプロセス-利用者-支援者関係を中心に-」というテーマで研究を行いました。
大学院ではゼミや講義を通して意見交換や先生からのアドバイスをいただきながら知識を深めていくことができました。
また、自分の研究を仕事でも活かしたいと思い、障害者支援施設を就職先に選びました。今後は大学院で学んだ知識を活用し、職場経験を積んでいきたいと思います。

■平成25年度修了生(現在、社会福祉協議会)
私は、大学院での講義やゼミに加え、先生や他院生とのディスカッションを通して知識を深め、様々な研究の方法や考え方などを学ぶことができました。
また、地域の活動にも参加させていただき、地域の中に存在する問題の発見や資源の開拓についても学ぶことができ、地域福祉の大切さを改めて実感することができました。
今後は大学院での学びを活かして、視野を広く持ち、より良い地域をつくっていくことに貢献していきたいです。

■平成19年度修了生(現在、児童相談所勤務)
現在、児童の福祉に関わる職場で働いています。大学院では、児童虐待と貧困との関係性について研究をし、虐待の要因として、貧困が深く関わっていることが分かりました。研究したことを踏まえ、現場でケースワークをする際、子どもとその家族が置かれている経済状況に目を向けた働きかけを大切にしています。
大学院で、専門分野についての見識を深めることは、今後現場で働く自分にとって大きな助けになります。自分の持っている知識や経験をより活かすために大学院で学んでみてはいかがでしょうか。

■平成20年度修了生(現在、市役所勤務)
大学院での研究テーマは「限界集落における地域生活支援構築への指向」でした。地域特性に合わせた生活支援が必要であると考え、とくに地域生活が困難になっていると思われる限界集落を対象として調査をしました。
地域生活に密着した仕事として、市役所に一般事務職として入庁しました。そのため、福祉分野だけではなく各部署で様々な仕事をすることになります。現在は福祉とは直接関係のない部署にいますが、どこも「市民生活」を扱うことに違いはありません。「住民の地域生活・福祉の向上」という、公務員の、そして私自身が持っている目標を常に意識しつつ、貢献できるよう努力していきます。

■平成21年度修了生(現在、専門学校講師)
現在、作業療法士の養成校に勤務しています。学生生活を送る上での一番の問題は時間的制約でした。しかし、履修した講義の担当の先生方から講義時間の調整など様々なサポートをいただくことで、その問題は解決されました。仕事に就きながらの学生生活は容易ではありませんでしたが、同じような状況の社会人学生あるいは現役生との交流、指導教授の研究指導やデータ収集の時間は忙しくも充実していました。また,保健福祉学研究科にはさまざまな学問領域で実績の豊かな先生方が数多く在籍されており、研究者・教育者として必要な要素を多く学ばせていただきました。これから大学院進学を考えている方で、意欲があり進学できる環境が整えば是非挑戦してください。

■平成18年度修了生(現在、リハビリテーション・スタッフとして病院に勤務)
現在、病院のリハビリテーション科にて作業療法士の仕事をしています。大学院では、認知症高齢者におけるADL(日常生活動作)障害について研究していました。臨床では認知症を伴う患者さんに接する機会も多く、多彩な症状を示す認知症者の評価に苦慮することがありますが、在学中に知り得た様々な評価尺度や認知症者の行動特性に関する知識が、評価の視点として役立っています。

■平成18年度修了生(現在、4年生大学専任講師)
現在、大学教員として勤務し社会福祉士・精神保健福祉士養成に携わっています。本学(博士前期)を修了し、はや5年です。精神科のソーシャルワーカーとして数年勤務し、その実践を整理したいと思い在学中は「精神障害者の地域生活支援・就労支援」をテーマに研究しました。2年間はあっという間でしたが、研究の基礎を学ぶ貴重な機会だったと感じます。まだ道半ばですが、ソーシャルワーカーを目指す学生に刺激を受けながら、これからも勉強していきたいと思います。」

■平成21年度修了生(現在、岡山県立大学博士後期課程1年生)
社会人学生として岡山県立大学の博士前期課程に入学、修了後、岡山県立大学の博士後期課程に入学し、現在1年生です。時間管理の難しさはありますが、先生にご配慮いただきながら、充実した日々を過ごしています。博士前期課程で得た知見と情熱をもとに後期課程に進み、現在「重度身体障害を有する高齢者の排泄ケアに関する研究」をテーマに挙げて取り組んでいます。「己の限界に挑戦し、悩みながらも限界点を高めるための努力をする」という姿勢は、大学院生活で習得し、大切にしていることでもあります。今後も自分の可能性を拡げるために研鑽を積みたいと思っています。

■平成20年度修了生(現在、岡山県立大学博士後期課程2年生)
私は韓国の大学と大学院で社会福祉学を専攻しましたが、社会福祉学で扱っている社会的現状や問題を科学的に実証しながら、その解決に貢献できるような量的研究方法論を身につけたいと思い、大学時代の恩師に相談したところ、岡山県立大学を進められました。現在は本研究科の博士前期課程を経て、博士後期課程でワーク・ライフ・バランスの実現に向けて家族・労働政策の開発に貢献することをねらいとした男性の育児参加のメカニズムを解明する研究に取り組んでいます。先生方の助言や研究室の先輩・同僚たちと研究について助け合いながら、研究内容を深めて行くことでやりがいも感じられます。そのやりがいを一緒に味わってみませんか。



進路・就職情報

保健福祉学科「進路・就職」ページをご覧ください。