看護学専攻[博士前期課程]TOPイメージ

看護学専攻[博士前期課程]

保健福祉学部棟

講座紹介

講座名 概要
基礎看護学講座 本講座は多様な看護実践の根幹をなす看護理論とその表現技術としてのヒューマンケアを教育・研究の対象とします。したがって、看護を科学的、論理的に発展させていくための基盤となる法則性を探究すると共に、看護実践を支えるエビデンスの確立を志向して様々な方面から教育・研究を行います。
発達看護学講座 本講座は人間の発達過程おける看護、すなわち母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学の領域で、実践・研究・教育能力を発揮できるリーダーの育成を目指します。母性看護学の領域では専門的な母性看護の構築を目指して、理論と実践の両面から、女性とその家族の看護の方法論とその実践を支えるシステムについて探求します。小児看護学の領域では専門的な小児看護の構築を目指して、理論と実践の両面から小児と家族の看護の方法論とその実践を支えるシステムについて探求します。成人看護学領域では、特に慢性疾患看護、がん看護、周術期分野におけるケアシステムの構築に関して理論と実践の両面から学際的に追求し教育・研究を行います。老年看護学の領域では専門的な老年看護の構築をめざして、理論と実践の両面から、高齢者・家族の看護の方法論とその実践を支えるシステムについて探求します。
広域看護学講座 本講座は,公衆衛生看護学,在宅看護学,国際保健看護学,精神保健看護学の領域での実践と研究においてリーダーシップが発揮できる人の育成を目指します。生涯を通じた人々の健康を学際的に探究し,グローバルな視点から,根拠に基づく課題解決を図り,看護の質向上に向けて先導できることを目指しています。
また,修士論文に加え,保健師国家試験受験資格を満たす科目を開講し,高度実践力とリーダーシップを発揮して,社会に貢献できる保健師を養成します。

教員・講座の研究内容

平成29年度予定

講座 担当教員 研究又は講義内容 担当授業科目
基礎看護学講座 荻野 哲也[教授]
  1. 医療従事者が知っておきたい生命科学
  2. 看護実践における生体の変化・応答の解析
  3. 酸化ストレスによる細胞組織の機能修飾
  • 看護研究特論Ⅱ
  • 生命科学特論
  • 生命科学特論演習
  • 基礎看護学特別研究
山口 三重子[教授]
  1. 重症障害新生児の治療をめぐる医療と法に関する研究
  2. 看護倫理に関する研究
  3. 在宅緩和ケア推進のための他職種連携(システム)に関する研究
  • 看護理論特論
  • 看護倫理特論
  • 基礎看護学特論Ⅰ
  • 基礎看護学特論Ⅰ演習
  • 基礎看護学特別研究
佐々木 新介[准教授]
  1. 看護援助・看護技術の科学的根拠に関する研究
  2. 生体情報の可視化する計測方法の開発
  3. 新しい看護援助用具の開発
  • 基礎看護学特論Ⅲ
  • 基礎看護学特論Ⅲ演習
  • 基礎看護学特別研究
佐藤 美恵[准教授]
  1. 看護基礎教育に関する研究
  • 看護教育特論
  • 基礎看護学特論Ⅱ
  • 基礎看護学特論Ⅱ演習
  • 基礎看護学特別研究
発達看護学講座 住吉 和子[教授]
  1. 慢性疾患(患者・家族)看護に関する研究
  2. 腹臥位療法に関する研究
  • 成人看護学特論Ⅱ
  • 成人看護学特論Ⅱ演習
  • 発達看護学特別研究
高橋 徹[教授]
  1. 重症患者・手術患者の安全な体位
  2. 周術期の体温管理
  • 看護研究特論Ⅰ
  • 災害医療援助特論演習
  • フィジカルアセスメント学特論
  • フィジカルアセスメント学特論演習
  • 発達看護学特別研究
沖本 克子[教授]
  1. 糖尿病の子どもの療養支援に関する研究
  2. 子どもの医療に対する自己決定に関する研究
  • 看護研究特論Ⅱ
  • 看護法規特論
  • 母子保健看護学特論Ⅰ
  • 母子保健看護学特論Ⅰ演習
  • 発達看護学特別研究
岡﨑 愉加[准教授]
  1. 思春期の健康支援、思春期の子育て支援、家庭における性教育に関する研究
  2. 養護教諭と看護職の連携に関する研究
  3. 助産技術、助産学・母性看護学教育に関する研究
  • 看護教育特論
  • 保健福祉学特論Ⅰ
  • 母子保健看護学特論Ⅱ
  • 母子保健看護学特論Ⅱ演習
  • 発達看護学特別研究
池田 理恵[准教授]
  1. 乳児と母親の睡眠・環境の調整と育児支援に関する研究
  2. 助産学のエビデンス探求研究
  3. 産後うつ・母乳育児の支援に関する研究
  • 母子保健看護学特論Ⅲ
  • 母子保健看護学特論Ⅲ演習
  • 看護研究特論Ⅰ
  • 発達看護学特別研究
名越 恵美[准教授]
  1. がん患者・家族の看護に関する研究
  2. 急変時対応に関する研究
  3. 職業的アイデンティティに関する研究
  • 看護研究特論Ⅰ
  • 看護倫理特論
  • 保健福祉学特論Ⅱ
  • 成人看護学特論Ⅰ
  • 成人看護学特論Ⅰ演習
  • 発達看護学特別研究
實金 栄[准教授]
  1. 高齢者をケアする専門家に関する研究
  2. 高齢者のエンドオブライフに関する研究
  3. 高齢者の健康寿命の延伸に関する研究
  • 看護研究特論Ⅰ
  • 老年看護学特論
  • 老年看護学特論演習
  • 発達看護学特別研究
広域看護学講座 二宮 一枝[特任教授]
  1. ヘルスプロモーションの理念に基づく住民主体の地域保健福祉活動に関する研究
  2. 保健師のキャリア形成に関する研究
  3. 地域看護学に関する研究
  • 地域看護学特論Ⅰ
  • 地域看護学特論Ⅰ演習
  • 国際保健看護学特論
  • 国際保健看護学特論演習
  • 広域看護学特別研究
  • 公衆衛生看護学概論
  • 公衆衛生看護診断論
  • 公衆衛生看護診断論演習
  • 公衆衛生看護活動展開論
  • 公衆衛生看護活動展開論演習
  • 公衆衛生看護管理論
  • 保健医療福祉行政論
  • 保健医療福祉行政論演習
  • 公衆衛生看護学実習
井上 幸子[准教授]
  1. 精神疾患や発達障害を持つ人とその家族の支援に関する研究
  2. 子どもや労働者のこころの健康に関する疫学研究
  • 看護理論特論
  • 看護研究特論Ⅱ
  • 精神保健看護学特論
  • 精神保健看護学特論演習
  • 広域看護学特別研究
  • 公衆衛生看護学概論
  • 精神保健福祉特論
  • 精神保健福祉特論演習
  • 公衆衛生看護学実習
佐々木 純子[准教授]
  1. 訪問看護ステーションの管理・運営に関する研究
  2. 訪問看護師の実践能力に関する研究
  • 地域看護学特論Ⅱ・演習
  • 国際保健看護学特論・演習
  • 公衆衛生看護診断論・演習
  • 公衆衛生看護活動展開論・演習
  • 公衆衛生看護学実習
  • 広域看護学特別研究
看護学専攻共通 三好 弘人[講師]*
  1. 保健福祉サービスの量的評価手法の確立
  • 統計学特論
山田 佐登美[講師]*
  1. 社会制度の変化や属する組織の特性、利用者のニーズ等に応じた効果的なマネジメントをするために、看護管理者として必要な知識と具体的な実践を紹介する。
  • 看護管理特論
専攻共通 高橋 幸子[教授]
  1. 母語以外の言語を使ったコミュニケーションに関する研究
  • 国際コミュニケーション特論
菅波 茂[講師]*
  1. 海外における保健医療援助の方法論について、ODA、NGO活動の実際を通して教授する。
  • 災害医療援助特論
  • 災害医療援助特論演習

(注)1.担当教員欄中*印は非常勤講師です。 2.非常勤講師の研究又は講義の内容欄は講義内容を記載しています。 3.授業科目及び担当教員は、一部変更する場合があります。