看護学専攻[博士前期課程]TOPイメージ

看護学専攻[博士前期課程]

保健福祉学部棟

論文テーマ

卒業年度 論文タイトル
2016(平成28)年度 ・精神障害者の居場所感と社会参加への関心─地域で生活する精神障害者を対象とした横断研究─
・糖尿病患者の健康回復に関するコミットメントとライフスタイルの関係
・体位の違いが自律神経活動と食後の消化管運動に及ぼす影響
・標準位砕石位と低位砕石位における腓腹筋部にかかる力学的パラメーターの差異とその要因の検討
・発達障害児支援における養護教諭と保健師の協働に関する研究
・介護老人保健施設の利用者に対する看護職者の不適切なかかわりに関する研究
・倫理的ジレンマに直面した際の倫理的意思決定過程に関する研究─がん領域の認定看護師に焦点を当てて─
・総合職労働者の労働価値観の重要性の違いは長時間労働と関連するか
2015(平成27)年度 ・統合失調症患者への視点取得的表明を用いた関わりの構造~熟練看護師の看護体験から~
・A市における住民主体の介護予防事業を運営するリーダーの特性に関する研究
・Mastery獲得に関する若年性脳梗塞患者の体験
・医療処置を必要とする高齢療養継続に関する訪問看護師の実践知
・発達障害児の母親の専門家への援助要請に関する要因
2014(平成26)年度 ・幼児の発熱時にとる母親の受診行動に関連する要因
・低用量経口避妊薬(OC)の服用を継続している成人女性の体験
・ベテラン看護師が医療事故の体験を受け入れていくプロセス
・外来化学療法を受けるがん患者に関わる看護師の意思決定支援プロセス
2013(平成25)年度 ・看護師の職場環境と道徳的感受性の関連
・ストレッチャー移送時の速度の違いが方向転換時における加速度と頭部の重心移動に及ぼす影響
・女子高校生の食品群別摂取量と月経痛との関係
2012(平成24)年度 ・ベテラン看護師による新人看護師の実施する点滴静脈注射の事故防止に関する指導の構造
・人工股関節全置換術後患者のストレス認知とコーピングがQOLに及ぼす影響
・人工呼吸器非装着のALS患者を看取った配偶者の意思決定に伴う体験
・看護学生が倫理的ジレンマと認識した看護教員の教授行動
・医療事故体験の回想によるリスク回避の気づきの構造
・中山間のC地域の高齢者におけるウォーキング行動の変容ステージに関連する要因
・看護師組織における Organizational Citizenship Behavior に関連する要因の検討
2011(平成23)年度 ・新人看護師の医療事故体験の構造
・再発肝がん患者の状況認識
・看護学生の自我構造および透過性調整力(Permeability control power)が精神健康に及ぼす影響
・高齢者夫婦における死の準備意識に関する研究
・上肢温罨法の血管怒張に対する効果
・効果的な静脈怒張を得るための適切な駆血圧と静脈怒張に関与する客観的指標の検討
・幼児をもつ母親の麻しん予防接種に係る認識に影響を及ぼす要因
・末梢静脈穿刺における静脈怒張度に影響する身体的要因の検討
・末梢静脈穿刺時における血管の触知怒張度と局所要因の検討-血管モデルによる検討-
・熟練訪問看護師の入浴援助における臨床判断の構造
2010(平成22)年度 ・ICUの看護師が患者の家族に対して行う看取りのケア
・精神看護学実習における実習指導者の学習支援の構造
2009(平成21)年度 ・高齢者の胃がん検診受診行動に関連する要因
・後頭部冷罨法の生体に及ぼす影響
・母子関係が女子高校生の性行動に及ぼす影響
・訪問看護師の看護実践の評価と職務ストレス状況
・患者−看護師間コミュニケーションにおける音声の同調傾向と患者満足度の関連性
・ストレッチャーの移送速度が乗車者に及ぼす生理的・心理的影響
2008(平成20)年度 ・臀部筋肉内注射部位の特定方法についての検討
・血液透析患者の家族の介護負担感に影響をもたらす要因
・保健師の組織エンパワメントが心理的エンパワメントに与える影響
2007(平成19)年度 ・マンモグラフィー併用乳癌検診の受診行動に影響を及ぼす認知的要因
・中山間部の在宅高齢者の健康と生活を支える介護予防活動に関する研究
・外来がん化学療法を受けながら生活している悪性リンパ腫患者とその家族の療養上の体験
・非言語的メッセージに対する看護学生の感受性の研究
 −模擬患者とのコミュニケーション場面を通して−
・救急外来における看護師のケアリング行動と感情労働との関係性
・除圧を考慮した側臥位角度の検証
 −標準マットレスと体圧分散マットレスを用いて−
・要介護(支援)認定を受けた高齢者の社会的役割が他者貢献感および生活満足感に与える影響
・高血糖持続2型糖尿病患者の病の意味の再構築過程
 −ナラティブ・アプローチを用いて−
2006(平成18)年度 ・医療事故当事者となった看護師の「語り」
 −ナラティブ・アプローチの効果−
・主介護者の介護に関する認識
 −在宅介護開始から3か月の変化−
・在宅死の希望を可能にする要因
 −在宅死と病院死の比較分析から−
・持続的なずれが褥瘡形成に与える影響
 −ウサギを用いた組織学的検討− 
・看護・介護スタッフからみた認知症高齢者のエゴグラムとコミュニケーションの関連
 −自我構造理論を用いて−
・青年期統合失調症患者の「新たな生活へ挑む」経験世界
・急性期病院における退院時期に対する患者の主観的評価とその関連要因
・父の親性(親であること)と母の育児負担感に関する研究
2005(平成17)年度 ・前立腺がん患者の自尊感情に関する研究
 −排尿・排便・性機能自己評価ならびに精神負担感との関連性−
・肺がん患者の否定的感情の抑制と心理的適応との関連
 −配偶者への感情抑制に焦点を当てて−
・糖尿病に関する負担感について
 −他者依存性とソーシャルサポートが与える影響−
・医療事故の経験における学習構造
 −医療事故当事者となった看護師の回想からの分析−