看護学科TOPイメージ

看護学科

保健福祉学部棟

看護学科の教育が目指すもの

看護は人々がその人らしく健康で豊かに生活し、その人らしい終焉を迎えられるよう、あらゆる年代、あらゆる健康レベルの人や家族、集団や地域に対して援助する専門職です。

看護職者の活動の場は多様ですが、本学では将来、看護のプロフェッショナルとして活躍するための基礎を学習します。

そのために次のような目的・目標を掲げ教育課程を展開します。
白衣の学生授業風景


教育目標・目的

■教育目的
地域社会に生きる人間を深く理解し、豊かな知識と確かな技術を持って、ヒューマン・ケアリングを実践するとともに新しい看護を創造していく専門職者を育成します。

■教育目標

No.1 豊かな教養を身につけ、深い人間理解を基盤にしたヒューマン・ケアリングが実践できる能力を養う
No.2 看護職としてのアイデンティティを形成し、
専門職業人の持つべき知識・技術・価値観を自ら発展させていくことができる能力を養う
No.3 多様な健康レベルの人々を対象に、健康課題を発見し解決できる基礎的能力を養う
No.4 保健医療福祉チームにおける看護の役割を認識すると共に他職種および家族など協働できる能力を養う
No.5 変化する社会や環境、国際化に対応でき、
将来さまざまな実践・教育・研究領域におけるスペシャリストとなる人材を育成する




期待する学生像(卒業時)

No.1 豊かな教養をもとに、深い人間理解を基盤にしたヒューマン・ケアリングが実践できる
No.2 専門職業人として理論・実践・価値観を発展させることができる
No.3 自律した存在として、看護職のアイデンティティを形成していくことができる
No.4 ジェネラリストとして、多様な健康レベルの対象や場において、理論を適応し、根拠に基づく問題解決ができる
No.5 専門職業人として、主体的に表現・行動し、結果に対して責任を持つことができる
No.6 変化する社会・環境、さらに国際化に対応できる柔軟性を持ち、研究・教育・実践・管理・行政におけるスペシャリストになるための基礎的能力がある
No.7 批判的・創造的思考ができ、看護を科学的に探求し現状を改善・改革するために研究的に取り組むことができる
No.8 多様な価値観を尊重し、ジレンマに悩みながらも看護倫理にかなった行動をとり、対象の人権を擁護することができる
No.9 保健医療福祉チームにおける看護の役割を認識し、他職種の専門性を尊重しながら協働することができる
No.10 専門職業人として、生涯にわたり向上発展し続ける意志と自己学習能力がある
No.11 国際的に活躍できる基礎的能力がある